プロペシアを25歳から飲み始めるのは大丈夫?実際に飲んでいる人は?

プロペシアを飲み始める年齢って早すぎると大丈夫なのか?と心配されている方も多いですよね。

薄毛が気になり始める年齢として25歳前後が多く、まだ初期状態だけどこれ以上進行させたくない!と思うのもこの年代に多いみたいです。

で、プロペシアを25歳から飲み始めるのは早くないのか?ということですが、基本的には皮膚科やAGA専門クリニックを受診すれば処方してもらえます。

専門医では、基本的に20歳以上で薄毛が進行していれば処方してくれるため、どうしても進行を止めたいという場合、専門医に相談することが良いでしょう。

ただし、プロペシアを始めるかどうかの判断は、医師ではなく自分でしないといけません。

というのも、医師はあなたの頭髪を見ても「もともとの生え際の正確な場所」がわからないため、どれくらい後退したのかという正確な数字がわかりません。

一応、耳の中央とM字の剃りこみ部分の延長線上の長さが2センチ以上だとAGAだという判断指数はあります。
しかし、あくまでも指数であり、それいないでも危機感が強い場合、プロペシアを服用されている方が多いのです。

M字の剃りこみがきつくなると、「育毛剤を使っていて大丈夫なのか?」「早めに皮膚科に行った方が良いのだろうか」「でも、プロペシアを始めるには早すぎるのではないか」などなど、思うことがありますよね。

ですが、プロペシアを使うかどうかまで悩んでいる場合、皮膚科やAGA専門クリニックにまずは言ったほうが良いかと思います。
やはり一人で悩んでいるよりも専門医に相談することの方が重要です。

病院によっては、そこまで進行してしないとプロペシアを進められないところもあるそうです。
これは医者次第なので難しいですが、やはり相談してみることが大切だと思います。

逆に、どうしても副作用や体への影響が心配でどうしようもない場合、プロペシアは辞めておいた方が良いかもしれません。
薬というのは、ぷらせーぼ効果といって、思い込みによって副作用が出ることもあるからです。
そのため、そういった場合は、育毛剤や育毛サプリメントを使って安全に対策したほうが良いでしょう。
それでもどうすることもできなくなったら、覚悟を決めて皮膚科に行くのが良いかと思います。

プロペシアは25歳で飲まれている方も多いのですが、必ず病院に行った方が良いということをお伝えしておきます。
最近では、インターネットを利用して海外製のプロペシアを購入する方も増えています。

しかし、まだ25歳といった若い世代の場合、長期間服用することになる為、もし何かあった時のために専門家に相談できる体制を用意しておくことも大切だと思います。
海外製のプロペシアを個人で仕入れて服用していてもし何かあっても、対応できずに困るのは結局は自分です。

プロペシアを服用するとなった場合も、専門医を受診してしっかりと治療してもらうことをおすすめします。

プロペシアはボトル販売も行っていた!?毎月皮膚科に行く負担が軽減されている方も!

プロペシアといえば、一般的には毎月皮膚科に足を運び、問診や診察を受けた上で処方されるのが当たり前でした。
プロペシアは、28錠入っているのが1ケースになっているため、どうしても毎月皮膚科を受診する必要があるのですが、どうしても面倒なんですよね。

病院によっては、すぐに受付で薬を変えるケースもあるみたいですが、それでもわざわざ行くのは面倒です。

それでいろいろと調べてみると、病院によっては90日分をボトルに入れて販売しているところもあるみたいですね。

はじめそれを知った時は、「ボトルに入っていたら砕けたりして不安…」だと思ったのですが、そのあたりはしっかりと大丈夫なようになっているみたいです。
病院によっては、ボトルの方が人気があったりするなど、毎月通わなくても良いようになっています。

やはり毎月通うのと3か月に1回だけだったら負担が全然違いますからね。
ただ、個人的には28錠のケースの方が、毎日飲んだ形跡が出るのでわかりやすいですけどね。

3か月分は、だいたい30,000円前後するみたいです。
まとめて買うから安くなるといったことも特にないみたいなので、28錠なのかボトルなのかは個人で選べそうですね。

ただし、ほとんどの場合、最初は28錠を処方され、数か月治療を続けて体への負担などがなく安定してきたらボトルに移るというのが一般的だそうです。
そのため、始めていく病院でいきなりボトルでの販売はおそらくしてくれないでしょう。

とはいえ、怪しいサイトから海外製を取り入れるよりも皮膚科で専門医の治療を受けたほうが安全なので、最初は仕方ないですね。

個人輸入代行業者と比べると値段は高くなりますが、信頼性という意味では仕方ないですね。

ファイザー社からプロペシアのジェネリックが販売開始!?

国内で販売されている有効成分フィナステリドを配合した薬には、MSD(旧:万有製薬)から販売されているプロペシアのみでした。
男性型脱毛症で皮膚科を受診してもプロペシアを処方されるのが一般的でした。

現在薄毛治療は保険適応外である自由診療となっており、プロペシアの1か月分の値段は約7,000円~13,000円と病院によって差がありました。

しかし、ファイザー社から新しくプロペシアのジェネリックとして『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』「『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』が販売されました。
こちらは、プロペシアとは違いジェネリックということもあり、値段はプロペシアよりも安くなっているようです。

『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』も保険適応外であるため、価格は病院によって差がありますが、プロペシアよりも安いのが一般的です。

これまでは、皮膚科での治療が毎月約1万円ほどかかっていましたが、今後少し安く続けられるようになってきましたね。
もちろん、プロペシアのみしか取り扱っていない病院もありますが、今後一般的になっていくかもしれません。

薄毛治療を行う上で、継続することはとっても大切なので、安く続けられるようになるのはうれしい限りです。

薄毛が気になる!?それならまずは皮膚科へ行ってプロペシアを処方してもらうのが第一です

「薄毛になったら病院へ!」というフレーズを聞いたことがあるかもしれません。
少し前に、テレビCMでお笑い芸人さんが出演していたもので一時期話題になっていましたからね。

20代後半以降から薄毛が気になり始める方はとても多く、育毛シャンプーを使ったり、生活習慣を使ったりして対策を始める方がとても多いです。
一昔前では、ブラシで頭皮をトントンとたたいて刺激を与えるといった間違った育毛がはやっていました。

しかし、最近では薄毛治療の分野も研究が進化しており、薄毛治療薬を病院で処方してもらえるようになっています。

一般的に男性の薄毛のほとんどは、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれるのですが、その治療薬として認められているのがプロペシアです。

プロペシアに含まれている有効成分フィナステリドには、抜け毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があります。
そのため、プロペシアを服用することで抜け毛をストップさせることができるのです。

以前のようにブラシで頭皮をトントンしたり、育毛シャンプーにこだわった対策ではなく、しっかりと医師の診察のもとで治療できるような時代になっています。
そのため、薄毛が気になり始めたらまずはプロペシアの処方を行っている皮膚科を受診すると良いでしょう。

ただし、プロペシアには、様々な副作用や取り扱い上の注意点があるので、誰でも使えるというわけではありません。
また、注意点として、服用を注視してしまうと薬の効果はなくなるため、再度薄毛は進行してしまいます。

つまり、薄毛治療を行っている間は、ずっとプロペシアを服用し続けなければいけないのです。

プロペシアは、あくまでも薬なのであまりにも長期間服用し続けると体への負担も心配されています。
特に20代の場合、60歳まで飲み続けると考えると40年も服用するわけですからね。

このように、薄毛治療薬として注目されているプロペシアですが、あくまでも薬だということを忘れずに、気になる場合は、しっかりと医師の診察のもとで処方してもらうようにしましょう。

また、プロペシアの服用を避けたい場合は、市販の育毛剤を使ったり日々の生活習慣を見直すなど、何かしらの対策を始めることをお勧めします。